ニュージーランドの家庭料理と焼き菓子のレシピ集|留学して分かった現地の食事情

海外の料理って、有名なものはすぐ思い浮かびますが、「家庭料理」となると、現地の生活に入らないとわからないものです。

例えば、ニュージーランドも、パッと浮かぶのは、ラム肉、乳製品、バーベキューなどなど。

でも、リアルな家庭料理は、イギリス料理の影響を大きく受けていることもあり素朴!
でも、おいしくて、かんたんで、体にやさしいものがたくさん!

本記事では、わたしが学生の時に短期留学した、ニュージーランドはフィティアンガ(Whitianga)という田舎町の、リアルな家庭料理のレシピをまとめています。

現地の食べもの事情や暮らしぶりなども、見たまま、感じたままお届けしています。

食・自然・料理好きな方には、ぜひ一度は訪れてほしいニュージーランド!

でも、

ご時世的に、海外へ羽ばたけない今日この頃。海外へ自由に旅行ができる日に思いをはせながら、このホームステイ体験談を書きました。

少しでもニュージーランドの、ゆっくり、のんびりした時のながれを、感じていただけたらうれしいです。

そしてせっかく体験談を書くなら、生活に近い内容にしたいなぁと思い、現地の素朴でおいしくて、だれかに作ってあげたくなっちゃう、家庭料理のレシピをいくつか選んで、まとめてみました。

目次

フィティアンガってどこ?

ニュージーランドというと、オークランドとか、クライストチャーチルのイメージが強いですよね?

フィティアンガ(Whitianga)は、オークランドから車で約2時間半のところに位置する、コロマンデル半島の東海岸にある街です。

と言っても、わからりずらいので、地図にて:

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる